このサイトでは、オンラインストレージと従来から存在する社内サーバーとを比較し、わかりやすく解説しています。
バージョンの管理方法や、容量不足に陥った際の対処法についても詳しく説明します。
近年はこれらのサービスを利用する企業が増加傾向にあるため、IT関連企業に限らず様々な分野の企業も変化しつつあり、同時に影響も出始めています。
日本国内のみならず、海外で提供されているサービスの近況や潮流についても言及します。

オンラインストレージと社内サーバの比較

オンラインストレージと社内サーバの比較 オンラインストレージと社内サーバを様々な面から比較した場合、大きく異なるのがコストです。
ストレージ用にサーバを自前で用意する場合、購入費用が発生しますから少なからず初期投資が必要となります。
一方オンラインストレージを利用する場合は、毎月もしくは年単位で費用が発生するものの、自前のサーバに比べれば初期投資額は比較的低額で済みます。
オンラインストレージは運用コストが必要となりますが、自前のサーバは一度準備してしまえば運用コストが掛かりません。
但し社内サーバの保守・メンテナンスを担当する人の工数は必要で、故障時は更に費用が発生します。
セキュリティに関しては、オンラインストレージであればすべてを任すことができます。
社内サーバの場合は、セキュリティを熟知している担当者をアサインしなければならないなど、両者を比較すると多くの面で異なります。

社内サーバをオンラインストレージにする企業が増えています

社内サーバをオンラインストレージにする企業が増えています もともと社内にあったファイルサーバーなどの老朽化に伴って、社内サーバをオンラインストレージにリプレースする企業が増えています。
全体的に検討するとリーズナブルなコストで利用することができ、セキュリティ面において問題はありません。
気軽にオンラインストレージを導入することができ、幅広い製品がリリースされているので自社にあったものを選択することが可能です。
今までは社内でファイルなどを管理していてところは多く、通常の業務外でにおいて社内サーバーのメンテナンスを行っていた会社は多くあるでしょう。
オンラインストレージを利用するとファイルサーバーの管理やデータバックアップ、セキュリティ管理といったさまざまな業務を効率良く行うことが可能です。
いろいろなメリットがあり、例えば証明書のある認証が取れたパソコンだけがサーバーにアクセスすることができたり、物理的なセキュリティによってデータセンターにサーバーがあるので侵入者はもちろん、電源の確保や地震などの災害に強いサーバーを低コストで利用することが可能です。
バックアップオプションを使用することによって、数日前のデータを呼び出せることができたり、間違って上書きしたデータや消去したものも安心して利用することができるでしょう。

オンラインストレージ関連リンク

オンラインストレージ